水分補給の大切さについて

寒い季節は往々にして水分補給の回数や水を飲む量が減ってしまいがちですよね。

やはり、寒いのに水分を取るともっと寒くなりそうですし、そもそも水を飲む気になりません。

ただしかし、水分補給を怠っていると体にとっては、非常に良くない事態になりかねません。

今回は、水分補給を怠ると何がそんなに良くないのか、どうなってしまうのか、水分補給をしっかりすることによるたくさんのメリットなど、お伝えできればと思います。

からだと水の関係

人間の体の約60%は水分です。体重60㎏の成人男性の場合なら36㎏は水分です。

体重60㎏の成人男性の場合、一日にからだの外に排出される量は、2.5リットルといわれています。

その内訳は、尿や便で1.6リットル、呼吸や汗0.9リットルも排出されます。

尿や便で1.6リットルは分かりますが、呼吸や汗で0.9リットル、約1リットルも排出されるのはびっくりですよね。

しかし吐息の中にも水分はあり、窓ガラスに息を吹きかけたときに水滴がつきます。それを想像すると、分からないでもないですよね。

理想的な水分摂取量

先ほどの話から、人は一日に2.5リットルもからだから排出されることが分かりましたね。

ということは、排出された分だけ摂取しないといけないので、2.5リットルを体外から摂取する必要がありますよね。

では、どのくらい水分補給として、水を飲んだらいいかというと、

ズバリ、1.5リットル少なくとも1.2リットルは絶対に飲んだほうがいいです。

体外からの水分摂取方法は水を飲むとこだけではありません。

一日普通に3食食べたとして1.5リットルは、食べ物の中に水分が含まれているといわれています。

さらに、体内でも水分は作られます。体内で作られる量は0.3リットルといわれています。

つまり、最低でも1.2リットルは飲み水から摂取しないといけないことになります。

水分不足で起こること

水分が不足するとからだに様々な症状を引き起こします。

健康面では・・・

・頭痛

・集中力の低下

・強い眠気

・うつ病

・自律神経系の障害

・筋肉痛、力が入りにくい

・足がつる

・胃もたれ

・食欲不振

・腹部の不快感

美容面では・・・

・新陳代謝の低下

・カサカサ肌

・肌荒れ、くすみ、シミ

・吹き出物

・皮膚のたるみ

・髪がパサつく(艶がなくなる)

・髪が弱くなる、ちぎれやすくなる

・体中がむくむ

・痩せにくい体質になる

・便秘


逆に考えると、

水分補給の最大のメリットは、上記のからだの問題は水分補給ですべて解決できるというところでしょう。

運動しなくてもからだから水分は失われる

近年では、コロナによって多くの人が外出する機会が減ってきたのではないでしょうか。

テレワークの人も多くなってきましたが、厚生労働省でもそういった人も水分補給をこまめにするように推奨しています。水はかかさずしっかり飲みましょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA