腰部脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症」(せきちゅうかんきょうさくしょう)

全く耳にしたことがないという人もいるでしょう。

しかしこの症状、ある年齢層の人たちにはかなり聞きなれた症状だと思います。

ある年齢層とは、

「高齢者」にあたる方達です。

脊柱管狭窄症は早い人で40代後半から発症する場合もあり、加齢に伴い発症率はどんどん高くなります。

今回は脊柱管狭窄症について解説していきます。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症にはいろんな種類があります。

「頸部脊柱管狭窄症」「胸部脊柱管狭窄症」「腰部脊柱管狭窄症」など・・・。

人の体には背骨があります。その背骨の中に「脊柱管」と呼ばれる背骨沿いにあるトンネルが存在します。

この脊柱管がさまざまな原因によって狭くなることを脊柱管狭窄症と呼びます。

脊柱管の中には、脳からのびる「脊髄」という神経の束のようなものが通っており、その脊髄が何らかの形で圧迫を受けると、手足の痛みやしびれ歩行障害排尿障害などの症状が現れます。

脊椎管狭窄症は圧迫を受ける位置によって症状が異なります。

例えば、首のあたりの脊柱管が異常をきたし圧迫されると、頸部脊柱管狭窄症といわれ、手のしびれや、痛み、頚椎症と呼ばれることもあります。

特に多い狭窄部位は腰で、「腰部脊柱管狭窄症」と呼ばれています。

腰部脊柱管狭窄症では歩き続けると症状が強くなり、休むとまた歩けるようになる“間欠性跛行(かんけつせいはこう)”が特徴的な症状として現れます。

「歩くと症状が強くなるけど、自転車なら痛みもない」というのもよくあります。こういったのも脊柱管狭窄症の特徴です。

脊柱管狭窄症の主要な原因の1つとして加齢による骨や靱帯の変性があり、70歳以上では50%以上が腰部脊柱管狭窄症であるという報告もあります。悪化すると日常生活に支障が出てくるため、高齢者の生活の質に大きく影響する病気であると考えられています。

なぜ脊柱管狭窄症狭窄症が起きるの??

原因不明といわれていますが、一般的に言われているのが加齢です。加齢によって骨が変形したり、背骨の周りの靱帯が厚くなったりすると、脊柱管が狭くなり神経を圧迫することがあります。一方で、生まれつき脊柱管が狭かったり、成長の過程で脊柱管が狭くなるような変化が起こったりする場合もあります。

自宅で出来る体操・予防法

脊柱管狭窄症になってしまった場合、原因の根本を取り除くことは難しいです。

ですが、体操や予防をする事で、血流が改善し、症状を軽くする事が出来るので、積極的に行っていきましょう!


・脊柱管を広げる体操を行う


・体を温めて血流をよくする

お風呂にゆっくり浸かるのも効果的です。38度~40度(冬場はプラス1~2度)のお湯に10分~15分浸かると、自律神経が整いリラックス効果が高まり、血流促進効果もあるのでおすすめです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA